はじめに 最近、sony α7r ivを購入しました。 やたら画素数の多いカメラということで、「非圧縮raw」で撮影すると写真1枚のファイルサイズが110mbを超えます。秒間10連射できるため1秒で1gbに到達してしまうと考えるとストレージの圧迫が割とリアルな心配事になってきます。 現在使用しているAdobe Lightroomのバージョンは5.7.1。 最新の6にはバージョンアップしていません。 というのも、5.7.1はギリギリα7IIのRAW現像に対応しているため今の所はアップデートの必要性を感じていないのです。 しかし、昨年α7IIがアップデートで非圧縮RAWに対応。

設定をjpeg+raw(非圧縮)に変更すると、撮影枚数が300枚に減少します。 4600枚と300枚の差は大きいですよね。 それでもJPEG+RAWをお勧めします

設定項目 選択肢(太字が初期値) 推奨 ファイル形式 raw/raw+j/jpeg raw+j rawファイル記録方式 圧縮/非圧縮 圧縮 jpeg画質 x.fine/fine/std std jpegファイルサイズ l/m/s s 縦横比 3:2/16:9 3:2 aps/super 35mm aps-c s35撮影:オート マニュアル時のaps-c s35撮影:入/切 オート 切 非可逆圧縮ですが、記録した画像は[非圧縮raw]とほぼ同等の画質になります。 非圧縮raw 圧縮しないため、[ロスレス圧縮raw]や[圧縮raw]に比べ、ファイルサイズが大きくなります。 記録ビットモード q 12ビット記録 raw画像を12ビットで記録します。 r 14ビット記録 ソニーは11月18日、ミラーレスカメラ「α7 II」のファームウェアVer.2.00を公開した。 1.非圧縮RAWでの撮影が可能になりました。 さらに従来の1.5倍(*2)にバッファーメモリーを大容量化し、jpeg時・raw時(圧縮)に約68枚(*3)、aps-c撮影時には約2620万画素でフルサイズ時より約3倍の連写持続性能を実現しています。 ソニーα7r2のrawデータは圧縮ファイルと言う話はカメラオタクの間ではよく知られた話です。プロカメラマンの中でもこのrawファイル形式にはいろいろこだわりがある人が居て、キヤノンはダメでニコンでなければ、という人の自説は、ニコンでは非圧縮rawが選べる点を挙げられます。 Lightroom6は標準ではARW形式のファイルを取り扱うことが出来ないからアップデートが必要だけど、そのやり方が特殊だったのでまとめておきたい。 ARW形式 そもそもARW形式はSONYのα7シリーズのみで使える非圧縮RAW形式らしくて、そもそもARW形式に関わる人がかなり少ない。

スティーブ マデン ウルフ オブ ウォールストリート, オートバックス マフラー交換 持ち込み, 冷蔵庫 温度計 ダイソー, 千葉 山倉 林道, はちみつの 凄 さ, 旭 寿司 新宿 京王, 関西 住み やすさランキング, アディダス クロップド パーカー, 電車 正面 イラスト, 日高屋 冷凍唐揚げ 産地, 医療費の お知らせ 共済組合 いつ, レディースl メンズ パンツ, メルカリ バター フィンガー, インドネシア 日本 時差, 三瓶 活き アジ, バイク エンジン 異音 ジー, ミスタードーナツ Cm 道重, かど へん に き, 奈良県 中学 偏差値, 玉ねぎ しめじ スープ 人気レシピ, 茶色 ボーダー コーデ メンズ, 就活写真 横浜 安い, ティファニー シアー 30ml,